FC2ブログ

プロフィール

☆★☆ぁゆみ☆★☆

Author:☆★☆ぁゆみ☆★☆
えっちな事が大好きな18歳です☆
将来はぇろ小説家になりたいの(*ノωノ)
感想とか貰えると嬉しいなぁ(*^▽^*)
相互リンク大募集チューでっす!
リンクを貼ってくれる人でバナーが必要な人は、上のを使ってね☆


最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


オススメサイト



ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル言うの忘れちゃってたね (´・ω・`)ショボーン
今連載してるのは「誕生日」っていうタイトルだよ☆
実は今付けただなんて言えない(*ノノ)(笑)
ぁゆね、タイトルとか考えるのすっごい苦手で…orzorz

気を取り直して、昨日の続きいくよぉ~(≧▽≦)
今日からぇろくなるから楽しみにしててね(///∇//)テレテレ

ではイってみよー!!
-------------------------------------------------------





楽しいパーティーも終盤に近付き、皆お酒の呑みすぎでつぶれてしまった深夜。
私は何かの物音にふと目が覚めてしまった。
「ん…?」
寝ぼけながらその物音の方に視線をやると、何か黒い影が二対、闇に蠢いているのが見える。

「う…はぁ……やぁん…」
「はぁ…はぁ…」


……!?
え ちょ 待ってナニコレ??
私は思わず自分の目を疑った。
一緒にタカシの誕生日のお祝いに来ていた友人二人が
その…



えっち をしていたのだ。




待って待って待って!!
私は恥ずかしさのあまり瞼をぎゅっと閉ざした。
しかし、塞いでも指の隙間から聞こえる無防備な聴覚が
その情事の様をしっかりと捉えており、
次第に友人達の甘い喘ぎ声や吐息、濡れた音が私の脳をじわじわと犯していく。


「…ん…」

顔がほてっているのが解る…
体がアツイ
だんだんと瞼も開き、気付いた時には事の一部始終をしっかりと見てしまっていた。
ヤダ…私まで…


-----------------------------------------------------

続く
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://numb1514.blog67.fc2.com/tb.php/3-fb8ccdb7

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。